【Ken Kobayashiのロンドンところどころ】エピソードまとめ

Posted :25/03/2018 , Modified :

-sponsored link-

simonsaxon.comの月1連載コラム「Ken Kobayashiのロンドンところどころ」の記事をまとめたページです。コラム各記事では、ロンドン在住のシンガー・ソングライター Ken Kobayashiが、さまざまな人種や言語が交錯する世界的文化都市であり、また自身の生まれ育った場所でもあるロンドンの街中で出会った、音楽やカルチャーにまつわるあれこれを綴っています。

これまでのコラムは以下のリンクよりご覧ください。

各エピソードへのリンク

Vol.1:日本とイギリスとのあいだで揺れる“J-POP”ということば

記念すべき第1回目は、Kero Kero Bonitoからはじまる日本とイギリスで「J-POP」が意味する範囲の違いについて。まるで大学の言語学ゼミのレポートみたいな知的好奇心をくすぐる話になってるので、音楽と映画と言語と地理がそれぞれゆるやかに好きな日本語話者ならきっと楽しんでいただけるはずです。

Vol.2:ビートルズ・ファンを惑わすアビイ・ロード・ステーション

英国を語る上で避けては通れないスーパースターThe Beatlesとアビイ・ロードにまつわるエピソード。え?アビイ・ロードの話なのに?なんで写真は横断歩道渡ってるやつじゃないのかって?それは読めばわかります。

-sponsored link-

Vol.3:ホットなグライム、クールなカウンシルフラット

公営住宅やアパート好き必見の、イギリスの団地(カウンシルフラット)事情について。カウンシルフラットと密接に関わっている音楽ジャンル・グライムについても説明しています。

Vol.4:消えゆくヴェニューと夜の皇帝

ロンドンのライヴ・シーンについてのエピソード前編。音楽文化が栄える街としてのイメージが強いロンドンですが、中小規模のヴェニュー(ミュージックバーやライヴハウスなど)は減少傾向にあるとか。そんな状況で街には突如「Night Czar(夜の皇帝)」が出現。突然の出来事に逃げ惑う市民たち。はたしてそいつはいったい何者なのか。エクスペクト・パトローナム的なヤツで倒すことはできるのか。ていうかそもそも倒す対象なのか。その答えはコラムでぜひ確認を。

Vol.5:ライヴ・シーンの未来を照らすDSFL

ロンドンにおけるヴェニューについてのエピソード後編。音楽マニアに愛されるライヴハウスで、さまざまなインディー・カルチャーの拠点でもあるサウス・ロンドン屈指の激アツスポット「DIY Space For London」をご紹介。「何事も手づくりがいちばんだ」なんて考えるカルチャー・ファンならその理念に感動すら覚えるコラムになっています。

記事リンクは連載にあわせて随時追加予定です。みなさまどうぞお楽しみに。

著者プロフィール

Ken kobayashi profile

Ken Kobayashi

ロンドン在住の宅録シンガー・ソングライター。日本、ドイツ、イギリスにルーツを持つ自身のバックグラウンドとほとばしる好奇心を生かし、ラテン、ボサノヴァ、エレクトロ、ブリット・ポップなど多種多様なジャンルを咀嚼した良質なポップ・サウンドを奏でる。これまでに自主レーベルSound Dust Recordsより2枚のアルバム「My Big Foot Over The Sky」「Maps & Gaps」を、P-Vineより「Like The Stars」をリリースしている。最新作はシンガーKanadeとコラボしたシングル「ハグ」と「アカイソラ」。夢は世界一周。
Facebook / Twitter / soundcloud / instagram

-Column, Features
-, , , ,

関連記事

-sponsored link-

Copyright© simonsaxon.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.