山田洋次「家族はつらいよ」の雑然とした感想 Let's小津さがし

投稿日:

  

- sponsored link -

山田洋次「家族はつらいよ」を観ました。

小津安二郎「東京物語」を現代リメイクした同監督「東京家族」のキャストをそのままスライドさせて撮られたホームコメディドラマだが、誤解を恐れずに言うならアナクロで閉じた作品だった。山田洋次の新作にはそういうのが求められてるのだろう。そういうの、とは日本映画がいまより隆盛を極めていた時代、松竹はじめ五社が伸していた時代に対するノスタルジーを喚起し、観客の思い出に訴えかける感じ、ということです。とはいえ(だから、と言ってもいい)、映画内で何度も出てくる、というか、タイトルや設定から見てもそれが下敷きにされていることを全く隠さないながら、直接的に言及されていない小津映画からの影響探しを楽しむにはすごくいい映画だと思う。

-sponsored link-

劇中マイベスト小津は、冒頭で橋爪功演じる平田周造とともにゴルフに興じ、その後風吹ジュンの営む小料理屋にも連れ添う山本富士太演じる周造の友人の中村伸郎感(決して北竜二ではない)。次点が赤いヤカンとしてのおもちゃのピアノ。

「家族はつらいよ」の1シーンから。

これは小津を通過してカウリスマキっぽいですね。

ほかに気になったのは周造と同居する長男夫婦の二人の子どもの名前がいさむちゃんとみのるくんじゃなかったこと。平田家の大人たちがみんな横浜在住なのに江戸っ子口調だったのには笑った。

あと作中出てくる「東京物語」の笠智衆演じる平山周吉が言う「ありがとう」のアクセントが「この世界の片隅で」ですずの言う「ありがとう」のアクセントとまったくいっしょだった。はからずして正しい広島弁の「ありがとう」の発音を知った瞬間だった。

家族はつらいよ 豪華版(初回限定生産) [Blu-ray]
松竹 (2016-08-03)
売り上げランキング: 64,488
家族はつらいよ [Blu-ray]
松竹 (2016-08-03)
売り上げランキング: 9,280
この世界の片隅に [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2017-09-15)
売り上げランキング: 105

-, , , , , , , , , , , , ,

関連記事

フォロー

- sponsored link -

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.