ECD/PUNPEE「君といつまでも Together Forever Mix / お嫁においで2015」レビュー

Post Date:11/07/2017 Modified Date:

  

-sponsored link-

加山雄三のマスターピース「君といつまでも」「お嫁においで」をそれぞれECD、PUNPEEをフィーチャーし再構築したダブルサイダーに、いまだに何度も針を落としている。

君といつまでも Together Forever Mix 表1

オモテのECD「君といつまでも Together Forever Mix 」はコンポーザーMitsu the Beats、ミックスILLICIT TSUBOIというアンダーグラウンド・シーンを代表する(というのはもはや失礼にあたるかもしれない)ふたりが作る最高のトラックに、ECDがエモーショナルなリリックを乗せた最高の曲。どうしてもガン闘病中のECDが抱く家族や彼の友人たちに対するプライヴェイトな想いを書き綴ったにちがいない、という第一印象に心を持って行かれてしまうが、一度そこから離れて考えてみると、過去の名曲を自らの手でリアレンジし、配信CDだけでなく7インチでも出すというオペレーション自体が、タイトルから想起されるメッセージ(あえて言うならtogether foreverの部分)をそのまま体現しているのではないか、と思わせる、その一点だけをとってみても超絶名盤といえる。本人の気持ちはどうなのかわからないけれど。電気系統がなくなっても再生可能な"モノ"として残すことの大切さというか。「どうしたら君といつまでもいられる?」というリリックに対する答えは「ここ、ここにある」という感じ。

そして裏面はみんな大好きPUNPEE「お嫁においで 2015」。12inchと重ねるとヴェイパーなデザインに拍車がかかる感じがすると思いません?

2枚の「お嫁においで2015」

関連リンク

加山雄三の新世界
加山雄三の新世界

posted with amazlet at 17.07.11
ヴァリアス
ドリーミュージック (2017-03-08)
売り上げランキング: 2,223

-, , , , , , , , , , , , ,

関連記事

フォロー

-sponsored link-

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.