ローマ戦に向けグラディエーター化したクリスティアーノ・ロナウドのイラストがかっこいい

Post Date:17/02/2016 Modified Date:

  

-sponsored link-

今夜イタリア・ローマのスタディオ・オリンピコで行われる15-16シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、ローマ対レアル・マドリー戦を迎えるにあたり、スペインのスポーツ紙MARCA(マルカ)のweb版にて、クリスティアーノ・ロナウドを使ったイラストが掲載されていました。

Champions League: CR VII | Marca.com

これは現時点で今季のCL得点王であるロナウドに関する記事に付けられたイラストですが、何だかかっこいいですね。ローマと対戦するからってローマ帝国の戦士、グラディエイターに扮する彼を模し、さらに彼のニックネームのひとつである「CR7」の数字をローマ数字にして見出しにつけてしまうという。こういう、いってしまえばくだらない(もちろんいい意味でですよ)イラストをちゃんと作ってしまう欧州スポーツジャーナリズムにはびこる文化、慣習大好き。日本のメディアでもやればいいのに。

ともあれ、このイラストが使われている記事(内容はいわゆる今夜の試合に向けての期待を煽る提灯記事、といった感じですが)も一応以下に訳してみましたので、気になる方は是非チェックしてみてください。

日本語訳

チャンピオンズリーグのアンセムを聴けば、気が緩んだクリスティアーノ・ロナウドも奮い立たないわけにはいかない。今季すでに11ゴールを決めグループリーグでの最多得点記録を塗り替え、通算記録でも88ゴールでトップに立つ最大のライバルである2位メッシに8ゴールも差をつけている)彼の得意な舞台が今夜やっと戻ってきた。ウンデシマ(レアル・マドリーにとって11回目のCL制覇)、そして自身3度目のCL優勝に向けての戦いがはじまる。

マドリーのヨーロッパでの成功は彼にかかっていることは周知の事実であるが、クリスティアーノ・ロナウドは、マスコミ、あるいは最近ピッチ上でみせる不甲斐ないパフォーマンスによる批判を、グラディエーターさながらに対峙するため、今宵コロッセオでおなじみローマの地に降り立つ。

グループリーグで決めた11ゴールは現時点で今季の最多得点記録ではあるが、生死をかけた戦いとなるとさらに彼は力を発揮する。昨季の決勝トーナメント1回戦、シャルケとの対戦では2試合合計3点を決めており、デシマを達成した2年前のシーズンではおなじくシャルケ相手に4点を記録。12-13シーズンのマンチェスター・ユナイテッド戦、11-12シーズンのCSKAモスクワ戦でも同様に3得点を決めている。

そして今シーズンは、自身の持つ1シーズンのCL最多得点記録17ゴールを破ることも期待されている。イタリアは今季のCL決勝が行われるジュゼッペ・メアッツァ(ACミラン、インテルのホームスタジアム)がある土地、彼やレアル・マドリーにとっての成功を手にできる決戦の土地でもある。ローマ経由でミラノへ向かう飛行機、その操縦桿を握るのはもちろんクリスティアーノ・ロナウド自身である。

RONALDO/ロナウド [DVD]
RONALDO/ロナウド [DVD]

posted with amazlet at 16.02.17
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015-11-18)
売り上げランキング: 966
クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」
ルイス・ミゲル・ペレイラ フアン・イグナシオ・ガジャルド
三五館
売り上げランキング: 21,381

-, , , , , , , ,

-sponsored link-

フォロー

関連記事

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.