ブルックリンのパワー・ポップ・バンドCharly Blissが1stアルバムより「Westermarck」MVを公開

Posted :28/06/2017 , Modified :

-sponsored link-

ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動する4人組インディー・ロック・バンドCharly Blissが自身のYouTubeオフィシャルチャンネルにて「 Westermarck 」ミュージックビデオを公開していました。

超絶エモーショナルなパワーポップで最高ですねえ…リヴァース・クオモもマット・シャープの胸の中で泣きじゃくるに違いない。彼女たちは生まれてくる海岸を間違えたんじゃないか、とかそういうイグザジャレイテッドなことをたくさん言って、言葉を尽くして讃えたくなる素晴らしさではないでしょうか。ボーカルのシンディ・ローパーかよと言わずにはいられない、キュート&ストレンジというかクイアな歌声もずっと聴いていたくなります。メロディーにどこか日本っぽさというか、大瀧詠一感を覚えるのは気のせいでしょうか。

この曲は4/21にリリースされた彼女たちにとっての1stフルアルバム「 Guppy 」に収録されています。現在bandcampから直接配信購入できるほか、Death Cab for CutieやRa Ra Riotが所属していることでも知られる有名インディー・レーベルBarsukよりフィジカル盤もリリースされているようなので( 日本ではPヴァインから )、気になる方はぜひチェックしてみてください。

-sponsored link-

ミュージシャン・プロフィール

Photo by Shervin LainezPhoto by Shervin Lainez

まるで個人名のような名前のCharly Blissですが、実際はブルックリンに拠点を持つ4人組のロック・バンド。メンバーはボーカル/ギターのフロントマンEVA HENDRICKSほかSAM HENDRICKS、SPENCER FOX、DAN SHUREで構成されています。
バンドの結成は意外にも古く、2008年ごろ、当時まだ15歳だったEvaとギタリストのSpencerがTokyo Police Clubのライブを見たことがきっかけでスタートしたとのこと。そこにEvaの弟であるSamと、Spencerの友人かつEvaの元カレ( ! )のDanが加入して現在のかたちになったそうです。以来現地でのライヴ活動を中心に演奏を続けていた彼らは、2014年、bandcampにてバンド初となる音源「 Soft Serve 」EPを発表( 現在でもName Your Priceでダウンロード可能です )。
その後もbandcampにていくつかのシングル曲をリリースしながら、今回の1stフルアルバム「 Guppy 」にまで至っています。また、彼女たちの奏でる音楽についてはSleater-KinneyやBreeders、Veruca Saltなどの名前を挙げて形容されることが多いようですが、Eva自身は米アニメ「 Josie and the Pussycats( 邦題は「 プッシーキャット 」 ) 」の劇中曲にそのルーツを見いだすことができると語っています。

webで聴ける彼らのその他の音源は以下のとおり。

関連リンク

オフィシャルサイト
Facebook
bandcamp

Guppy [12 inch Analog]
Guppy [12 inch Analog]

posted with amazlet at 17.06.29
Charly Bliss
Barsuk ( 2017-04-21 )
売り上げランキング: 159,844
グッピー
グッピー

posted with amazlet at 17.06.29
チャーリー・ブリス
Pヴァイン・レコード ( 2017-04-19 )
売り上げランキング: 315,267
Guppy
Guppy

posted with amazlet at 17.06.29
P-VINE RECORDS ( 2017-04-19 )
売り上げランキング: 41,888
Soft Serve
Soft Serve

posted with amazlet at 17.06.29
Self Released ( 2014-07-09 )
売り上げランキング: 38,208

-Music
-, , , , , , , , , , , ,

-sponsored link-

フォロー

simonsaxon.comをフォロー

関連記事

Copyright© simonsaxon.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.