ブラジル対クロアチアマッチレポート【FIFAブラジルワールドカップ2014】

Post Date:13/06/2014 Modified Date:

  

-sponsored link-

DrNgVrKG

前半

W杯のオープニングマッチとして世界中が注目しているこの試合、試合開始からペースの握ったのは意外にも開催国を相手にするクロアチアだった。前線のボール奪取エリアをセンターラインにおいて、中盤から後ろはゾーンをケアしつつパスカットから早く攻めようとする意識から、早い時間帯で数多くのゴールチャンスを作り出した。ブラジルは試合開始から自分たちのペースをつかみかねている様子で、整理されたクロアチアの守備を前にゆるいボール回しに終始していた。そんななかで前半11分、フィールド中央付近でボールを奪取したクロアチアは,左サイドからオリッチが持ち込みニアにグランダーのクロス。走り込んだコヴァチッチには合わないが、中央にいたイエナビッチが軽く振れたボールがマルセロに当たってゴール枠内に。オウンゴールでクロアチアが先制、今大会初ゴールを記録した。

先制されたあともしばらくは試合に入りきれてない様子が続いていたブラジルは、個人技での突破、あるいはセットプレー(コーナーキック)しか活路が見出せなかったが、前半20分を過ぎるとようやくブラジルの中盤に運動量が出てきて、クロアチアの守備陣の裏のスペース、特に右サイドをネイマールがつくことでチャンスを作り出しはじめる。すると29分、クロアチアがラキティッチのパスから生まれた絶好のチャンスを逸したあと、ブラジルは素早くカウンター。中央にて素早いパス回しのあと、クロアチアの激しいプレスを搔い潜り、ペナルティエリア手前中央でネイマールのシュートがゴール右、キーパーの手の届かない位置に吸い込まれ、ブラジルが早々とスコアをタイに戻した。

盛り上がるブラジルサポーターでいっぱいのサンパウロ・アリーナ。その勢いを買ってようやくブラジル代表にも落ち着きが生まれ、ここからはブラジルが主導権をにぎった展開となる。クロアチアは同点に追いつかれたものの方針は変更せず、サイドを中心に縦へドリブルで持ち込んだり、ロングボールで裏を狙ったりと、守備に重点を置きながら早い攻撃を繰り返していた。一方のブラジルは素早い攻守の切り替え、個人技、持ち前の敏捷性と高いモチベーションによるアグレッシヴさを前面に出した素早い攻撃で強引な展開に持ち込み数多くのチャンスを作りだし、十分に勝ち越しゴールの可能性を感じさせながら、1-1のタイスコアで前半を終えた。

後半

後半立ち上がり、クロアチアはブラジルの早いチェックに苦しみ攻守の切り替えが上手く行かず、カウンターに持ち込むことが出来ない。個人技に勝るブラジルは中盤で自由に動きながら1対1の状況を作り出しつつ局面を打開し、主に右サイドからクロアチア陣内に攻め込んでいくが、危険な場面を次々に作り出していく。20分付近になると試合は膠着していき、お互いに交代カードを切って状況を打開しようとするなかで、後半24分、ペナルティエリア中央でフレッジがロブレンに倒されPKを獲得。ネイマールがゴール右にシュートを放ち、キーパーにはじかれるもボールはゴールに。ブラジルが逆転に成功する。開幕戦でなんとか勝ち点を持ち帰りたいクロアチアはモドリッチを中心に攻撃をしかけていくが、モチベーションの高いブラジルのアグレッシブさを前になかなか攻め込むことができず、逆に後半30分にはオスカルのクロスからダビド・ルイスに決定的な場面を作られるなど苦しむ状況が続いた。試合終了10分前からはクロアチアも怒濤の攻勢に入るが、守りに意識を置いたブラジルが最後のところで決めさせない。逆に後半アディショナルタイムには、前がかりになったクロアチアの虚を付いてカウンター、オスカルがトウキックで放ったシュートがGKプレティコサのタイミングを外し3点目を獲得。開幕戦での勝利に花を添え、3-1でブラジルが勝利した。

ブラジル、クロアチアそれぞれの印象

前半立ち上がりは自国開催の開幕戦、というプレッシャーからかなかなか落ち着かないブラジルだったが、先制され、同点に追いついてからは落ち着きを取り戻し、逆に自国開催の強みを存分に生かしたアグレッシブさでクロアチア陣内へと攻め入り、結果的には3得点。アイディアもあふれているし、攻撃面では何も言うことがないだろう。守備に関しては要所は抑えていたものの、何度もサイドを突破され(クロアチアの攻撃も素晴らしかったが)、これから先強豪国と戦った場合にどうなるのか、という想像がつかない、何となく不安が残る印象だった。

一方クロアチアもブラジル相手に何も出来なかったわけではなく、高いテクニックとアイディアを兼ね備えるモドリッチのパスと、オリッチをはじめサイドプレーヤーの縦への突破からチャンスを生み出すことが出来ていた。心配なのはラキティッチがほとんど機能していなかったことくらいだろうか。守備面では中盤でのディフェンスで数的優位を作り出せるような守り方をしていなかったので、今回のブラジルのような個人技に勝る相手には通用しなかったということだろう。というよりモドリッチにラキティッチという、どちらかというと攻撃に特色を持つプレーヤーを二人並べている所をみれば、むしろそれでいいのかな、とも思うけれど。守備的な選手がひとりいたほうがファンは安心してみられるような気がする。

フォロー

関連記事

-sponsored link-

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.