女性の宝石としてのレコード。

投稿日:11/05/2014 更新日:

- sponsored link -

  

-sponsored link-

姉と妹1人ずつ、父親はほとんど家にいない、という環境で育ったおかげか、男性アイドルやキティーちゃんのようなキャラクター、主に女性が好むものに対する理解はあるほうだと思う。しかし昔から、ジュエリーと香水だけはどうしてもわからない。多くの女性はなぜあんなに小さく、他に比べて少しキラキラしているだけの石や金属、香りのいい水にむかってロマンティックな想いを乗せられるのだろう。むしろちっぽけな輝く石やガラス瓶を前に輝かせているあなたのその大きな瞳のほうが美しい、なんてことを言いたくなる。実際に言ったこともあるけれど。

話は変わるが、どういうわけか昨年あたりからアナログレコード熱が再燃してきて、近頃の消費と言ったらもっぱらレコード、という日々を過ごしている。10年前に買って以来、針を落とした時間をぎゅっと詰めたら実質1年くらいのターンテーブルもさぞかし驚いていることだろう。先日もカナダから注文していたレコードが届いた。bandcampにてプレオーダーしていたもので、世界500枚限定プレスのレア盤。日本ではすでに入手困難であるらしい。そんな情報を鵜呑みにして、意味もなく少し誇らしげな気持ちでスリーブからレコードを取り出すと、それは発色の良いブルーのカラーヴァイナルだった。

これまでもカラーヴァイナルを手に入れたことはもちろんあるのだが、寡聞にしてブルーは初めてだった。僕が一番好きな色が青、ということもあるだろうけれど、このあまりに美しいアナログレコードを前にした僕は、針を落とすこともせずに小一時間レコードを眺めていた。テーブルの上に置いてじっと見つめてみたり、電灯の光に照らしてみたり。ただそのレコードをみているだけで、胸を高鳴らせている。そして考えたのは、これはまさしくジュエリーに目を輝かせる女性と同じなのではないか、ということだ。半透明で平たい、他に比べて少しだけ色が違う塩化ビニルにロマンティックな想いを乗せている私。30年近く生きて、ようやく彼女たちの気持ちを理解できた気がした。

しかしそれはジュエリーに関してだけであり、香水に関してはいまだに解せないでいるし、これからも解ることはないだろう。なんとなく、香りは女性だけの特権にしておいたほうがいいような気がするのである。それに、女性の気持ちが全て解ってしまったら、生きていてつまらないでしょうしね。

スパンデックス・エフェクト
ザ・スパンデッツ
Pヴァイン・レコード (2013-11-20)
売り上げランキング: 7,211
ブランドジュエリー2013 WINTER-2014 SPRING
(株)インク・インコーポレーション
ワードラボ
売り上げランキング: 186,636
香水─香りの秘密と調香師の技 (文庫クセジュ)
ジャン クロード エレナ
白水社
売り上げランキング: 38,682

- sponsored link -

-, , , , , , , , , ,

関連記事(PRあり)

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.