ヤン・シュヴァンクマイエル、シュルレアリスムを語る

Post Date:01/05/2016 Modified Date:

  

-sponsored link-

21世紀を生きる数少ない現役シュルレアリストのひとりである芸術家、ヤン・シュヴァンクマイエルがyoutubeにオフィシャルチャンネルを開設していました。

Jan Švankmajer - YouTube

チャンネルには現在数本の短い動画がアップされていますが、そのなかでシュヴァンクマイエルがみずからシュルレアリスム、オブジェ(ここでは一般的な"インテリアとしての芸術性のある置きもの"という意味ではもちろんなく、本質的な意味でのオブジェのこと。シュヴァンクマイエルの作り出す作品の多くもオブジェ)、2005年に亡くなった彼の妻であり、創作活動における重要な共同作業者でもあったエヴァについて語っています。その内容があまりに素晴らしかったのですが、ムーヴィーの原語はチェコ語で英語字幕しかなかったので、以下に日本語で訳してみました。あわせて英語字幕も書き起こしましたのでよろしければチェックしてみてください。

ここではシュルレアリスムについて語った動画を紹介します。そのほかオブジェ、エヴァについては以下のエントリからご覧ください。

※シュヴァンクマイエルによる過去のリファレンス動画日本語訳は以下のエントリからご覧ください。

シュヴァンクマイエル本人によるインタビュー&作品解説動画まとめ

ヤン・シュヴァンクマイエル、シュルレアリスムを語る

英語字幕書き起こし

On surrealism

There are many misunderstandings about surrealism.
Art Historians have included it among artistic avan-garde directions of the first half of the twentieth century.
From their point of view,surrealism has therefore been dead for at least sixty years.
The term surrealism has entered the general vocabulary as description of something nonsensical,absurd.
First of all,it is important to say that surrealism is not art.
There is no surrealist painting or surrealist film.
We can talk about surrealism in art,in painting,or in film.
This is because there is no surrealist aesthetics, no suurealist method or school.
Surrealism is a way of perceiving life and the world.
I would describe it as a magical outlook on life and the world.
I have learnt three things from surrealism.
Firstly,it has freed me of my collectivity because surrealism is collective adventure.
Secondly, it has developed my imagination in unforseen ways.
and finally it has taught me that there is only one kind of poetry and that it doesn't matter what means we choose to grasp it.

日本語訳

シュルレアリスムに関しては多くの誤解があります。美術史家たちはシュルレアリスムを20世紀初頭に発展した前衛芸術、という枠のなかに押し込めてしまった。故に、彼らの観点でみると、シュルレアリスムは少なくとも60年以上前に死に絶えたということになります。そして"シュルレアリスム"ということばは、よくわからない、ばかげたことを意味するものとして、一般的なボキャブラリーに入れられました。まず言っておきたいのは、シュルレアリスムとは芸術の一分野ではないということ。シュルレアリスムの絵画とか、シュルレアリスムの映画、といったものは存在しない。その代わりに我々は芸術や絵画、あるいは映画におけるシュルレアリスムについては話すことができる。シュルレアリスムは世界や人生を魔術的に捉える方法である、とわたしなら説明します。
わたしはシュルレアリスムから3つのことを学びました。一つめは、わたしのなかにある集団性(他者に迎合しようとする性質)から解放されたことです、シュルレアリスムは集団性への挑戦であるから。第二に、シュルレアリスムは見えざる方法におけるわたしの想像力を発展してくれた。そして最後に、詩情には一種類しか存在しないことと、シュルレアリスムを理解する上でそれがなにを意味するかは重要ではない、ということです。

ちょっとした解説

ヤン・シュヴァンクマイエルの話すことは、現在におけるシュルレアリスムの一般的な位置づけを非常に端的に表していると思います。ダリやマグリットなどのキャッチーなイメージが先行したり、あるいは(〇〇派、とか〇〇主義、などと呼ばれるタイプの)他の芸術活動がある決まったタームのなかで同じような手法を用いて作品を生みだしていた個々の芸術家たちの集まりのことをいうことが多かったりするので、シュルレアリスムもそういった芸術活動のひとつと取られがちだが、実はどちらかというと芸術にとどまらない行動原則(思想と言い換えてもいいかもしれない)なのである、とシュヴァンクマイエルは言いたいのだと思います。
こういったことは専門書とか研究者による著作などを読めばある程度知れることだとは思いますが、シュルレアリストたちが活発に活動していた時代を生き、今なお芸術活動を続けているシュヴァンクマイエルの口から聴けると説得力が違いますね。さらに彼の言葉使い(英訳ですが)もなにかと攻撃的なところも、巖谷國士をして「戦闘的シュルレアリスト」と言われる所以みたいなものを感じて素晴らしいです。

おまけ

ヤン・シュヴァンクマイエルは現在チャペック兄弟の戯曲「虫の生活」を上演する劇団をえがいた新作映画「Insect(英題)」を撮影中で、2018年公開をめざしてクラウドファンディングを準備しているようです。5/20から開始されるようなので、ファンの方はぜひ応援してみてはいかがでしょう。

Jan Švankmajer: Insects

関連リンク

シュヴァンクマイエルの世界
ヤン シュヴァンクマイエル
国書刊行会
売り上げランキング: 257,522
不思議の国のアリス
不思議の国のアリス

posted with amazlet at 16.04.29
ヤン・シュヴァンクマイエル画 ルイス・キャロル著
国書刊行会
売り上げランキング: 370,060
シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集
ヤン シュヴァンクマイエル
国書刊行会
売り上げランキング: 455,280
サヴァイヴィングライフ -夢は第二の人生- [Blu-ray]
日本コロムビア (2012-05-30)
売り上げランキング: 31,809
アリス 【HDニューマスター/チェコ語完全版】 [Blu-ray]
日本コロムビア (2011-08-24)
売り上げランキング: 20,504
ヤン・シュヴァンクマイエル「ルナシー」 [DVD]
日本コロムビア (2007-08-22)
売り上げランキング: 23,053
ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD]
日本コロムビア (2005-02-23)
売り上げランキング: 51,488

-, , , , ,

-sponsored link-

フォロー

関連記事

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.