ベルナルド・ベルトルッチ「暗殺の森」レビュー。おしゃれな人に対するコンプレックスからこんなことを言ってしまいました。

投稿日:22/05/2016 更新日:

- sponsored link -

  

ベルナルド・ベルトルッチ「暗殺の森」をみた。代官山とかに住んでいる(または住むことに憧れている)ファッショニスタのための映画。色使いとか構図とかがおしゃれ。ホモセクシャルや不倫、ファシズム、スパイなど、左翼的、というよりモード系カルチャー好きにはたまらないであろうモチーフがたくさんありました。あとアンチクライスト(というより実存主義的?)なモチーフとかもあったな。しかしながら絵的にはすごくルネサンスあたりの絵画っぽい。

-sponsored link-

あと全然関係ないけど主人公の婚約者ジュリアがすごくかわいい。多くの男性が大好きな「バカでエロい女の子」っていうイメージを具現化している感じでした。「カルト的な人気を誇るベルトルッチの傑作!」みたいな意見を聞いていたので、事前のハードルが上がりきっていたためにあまり心に刺さらなかった。残念。あと原題は「コンフォルミスタ(追随主義者)」なのに、なぜ暗殺の森ってタイトルにしたのか甚だ疑問。

しかし好きな映画訊かれて「暗殺の森」と答えたらセンスあるように見えそうだから、男性は合コンとかでモテたくなったら是非言ってみてくださいね。「どこがいいの?」と突っ込まれたら構図や色使いがおしゃれなところ、と言えばいいのですよ。気狂いピエロなんかも引き合いに出すとさらによいですね。

暗殺の森 Blu-ray
暗殺の森 Blu-ray

posted with amazlet at 16.05.19
紀伊國屋書店 (2012-06-23)
売り上げランキング: 39,445
暗殺の森 [DVD]
暗殺の森 [DVD]

posted with amazlet at 16.05.19
紀伊國屋書店 (2012-06-23)
売り上げランキング: 60,526

- sponsored link -

-, , , ,

関連記事(PRあり)

Copyright© simonsaxon.com , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.