ヤン・シュヴァンクマイエルとパペットの関係【Švankmajer's list】

2016/07/01

- sponsored link -

ヤン・シュヴァンクマイエルとパペットの関係とは。

自身最後の長編、と銘打った2018年公開予定の映画「蟲」のクラウドファンディングを実施しているチェコの現役シュルレアリスト、ヤン・シュヴァンクマイエルが、先日開設された彼の公式Youtubeチャンネルにて、「Jan svankmajer's list」と題された、彼の作品における特徴的なモチーフの役割について解説する動画シリーズをアップしていました。

Jan Švankmajer - YouTube

今回は、彼自身による最初の映画「シュヴァルツェヴァルド氏とエドガル氏の最後のトリック」の主役でもあり、以降どの作品でもかなり重要なファクターとして機能している「パペット(あやつり人形)」について解説していました。以下に紹介します。

-sponsored link-

ヤン・シュヴァンクマイエルとパペットの関係

Puppets

I am not a filmmaker.I studied peppet theatre, so puppets have been my companions throughout my life.I even say that all I do is essentially puppet theatre.

A puppet is a magical object.It is not a toy, is it?Here they see it as puppet theatre,as peppets for kids.But it's just not like that.These native tribes - in Africa or Oceania, etc...The shaman use puppets in communication not only with the upper world,

with the gods,but even in relation when they treat a sick person.Those shamans,when they dress as some demon or some deity,they incarnate genuinely.They are either the totem animal or the demon.

That is the same as animation.I always say that an animator is a shaman because he brings to life in animate matter.But the animator needs technology to do this.

Shamans didn't need the technology.They were able to do that and they can do that without the technology.

The same way a small child can do it.The child perceives the objects simply as animate.And they live for him - those toys.

Whereas we have to use the technology and that's why I don't like it where the technology is obviously visible and it certainly is in computer animation.You can see inmediately that a computer did this.That's what I don't like about it.

日本語訳

パペット

わたしは生来の映画職人ではありません。元々は人形劇を学んでいたので、そこで使われていたパペットたちが私の人生を通じた仲間だといえます。わたしがやっていることはすべて本質的には人形劇であるとまで言っていいくらいです。

パペットは魔術的なオブジェです。すくなくとも単なるおもちゃではありません。多くの人たちはパペット人形劇のためのもの、子ども向けの人形としてしかみていませんが、話はそう単純なものではありません。アフリカやオセアニアをはじめとした原住民族たちの世界では、シャーマンが口寄せにパペットを使います。また、上界や神々との交信に使うだけでなく、病人に対する施しのためにも使います。

彼らのようなシャーマンは、ときにパペットに悪魔や精霊のような扮装をさせて、真の意味でそのような霊的存在を具現化します。パペットはスピリット・アニマルでもあり、あくまでもあるのです。

映像表現におけるアニメーションにも同様なことが言えます。わたしはつねづね、アニメーターは物体に生命を吹き込むシャーマンである、と言っています。一方でアニメーターたちは現在生命を吹き込むのにテクノロジーを必要としています。かつてはテクノロジーなしでできたことを、いまではテクノロジーなしではできなくなっています。物体に生命を吹き込む、ということはこどもですらやっているのに。こどもは物体が動き出すものだとシンプルに知覚している。そして動き出したパペットをはじめとしたおもちゃたちは、そういったこどもたちのために生きるのです。

一方でわれわれは動かすのにテクノロジーを使わざるを得ない。それがテクノロジーが眼に見えて現れるものを好まない理由です。CGアニメーションに対してもそうです。それはコンピューターによって操作されていることがすぐにわかるし、だから好きではないのです。

おまけ

冒頭でも触れましたが、ヤン・シュヴァンクマイエルは現在チャペック兄弟の戯曲「虫の生活」を上演する劇団をえがいた新作映画「蟲」を撮影中で、2018年公開をめざしてクラウドファンディングを実施しています。ファンの方はぜひ応援してみてはいかがでしょう。

シュヴァンクマイエルのそのほかの解説動画に関しては以下をチェックしてみてください。
シュヴァンクマイエル本人によるインタビュー&作品解説動画まとめ

Jan Švankmajer: Insects

関連リンク

シュヴァンクマイエルの世界
ヤン シュヴァンクマイエル
国書刊行会
売り上げランキング: 257,522
不思議の国のアリス
不思議の国のアリス

posted with amazlet at 16.04.29
ヤン・シュヴァンクマイエル画 ルイス・キャロル著
国書刊行会
売り上げランキング: 370,060
シュヴァンクマイエルの博物館―触覚芸術・オブジェ・コラージュ集
ヤン シュヴァンクマイエル
国書刊行会
売り上げランキング: 455,280
サヴァイヴィングライフ -夢は第二の人生- [Blu-ray]
日本コロムビア (2012-05-30)
売り上げランキング: 31,809
アリス 【HDニューマスター/チェコ語完全版】 [Blu-ray]
日本コロムビア (2011-08-24)
売り上げランキング: 20,504
ヤン・シュヴァンクマイエル「ルナシー」 [DVD]
日本コロムビア (2007-08-22)
売り上げランキング: 23,053
ヤン・シュヴァンクマイエル 短篇集 [DVD]
日本コロムビア (2005-02-23)
売り上げランキング: 51,488
この記事をシェア

関連記事