京都のガレージ・ロック・バンド、台風クラブ「ついのすみか」が超かっこいい

- sponsored link -

一部耳の早い音楽ファンのあいだで話題騒然のバンド、台風クラブが自身のyotubeチャンネルにて「ついのすみか」MVを公開していました。

台風クラブは京都を拠点に活動している3ピースバンド。メンバーは石塚(ギター)、山さん(ベース)、イナさん(ドラムス)で、2015年より、いくつかの作品集をリリースしているほか、現在はライブを中心に活動しているようです。

-sponsored link-

それにしても「ついのすみか」は超かっこいいですね。直情的なメロディーに、シンプルながらダンサブルなアレンジ。サビでリードを一緒に歌い上げる女性ボーカルの透明感のある声。そのすべてがいじらしくも愛おしく、その場にとどまっていられないような、何だかわからないなにかに対する焦燥感を煽るような素晴らしい曲だと思います。かつて小西康陽さんは「ロックンロールは初期衝動の音楽」と言っていましたが、そういった意味ではまさにロックンロールといった趣があるのではないでしょうか。

この「ついのすみか」は、おなじく関西で活動しているバンド、タカダスマイルとのスプリット7inch+CDとして、ライブ会場&一部ショップ限定で音源リリースされています。くわしくは彼らのオフィシャルホームページをチェックしてみてください。(ちなみに同時収録の以下からチェック。)

その他台風クラブの音源はこちら。

関連リンク

台風クラブ

twitter

この記事をシェア

関連記事