サン・フランシスコのインディー・ポップ・バンドNo Vacationのドリーミーなシングル「Mind Fields」

- sponsored link -

サン・フランシスコのインディー・ポップ・バンドNo VacationがTop ShelfレコードよりNewシングル「Mind Fields」をリリース、soundcloudにてストリーミングを公開していました。

ドリーミーなバンドサウンドに女声ヴォーカルが心地いい、オーセンティックなインディー・ポップといった感じで最高ですね。以前彼らがリリースした名曲「Dræm Girl」のときもそうだったのですが、このバンドの特徴的なところはアウトロが長い&別展開するところかもしれません。

大瀧詠一マナーな2in1スタイル、一粒で二度美味しい、みたいなところを意図しているのでしょうか。たぶんしてないと思いますが。

-sponsored link-

アーティスト情報

No Vacation 810x506

No Vacationは、アメリカはカリフォルニア州、サン・フランシスコを拠点に活動している5人組ポップバンド。フロントを務めるヴォーカル・ギターのSabrina Mai(写真右から2人目)を中心に2015年にポップ・デュオとしてスタートし、ほどなくしてベーシストのMarisa Saunders(同中央)、シンセサイザー奏者のNat Lee(写真左から2人目)が加入。その後ギターのHarrison Spencer(同左端)が加わって、「Amo XO」「Summer Break Up」など2枚のミックステープをリリースするなど精力的に活動を続けてきました。しかしそんなかれらは昨年一度解散を経験。その後別名義での活動や、何度かのメンバーチェンジを経たのち、上記メンバーにドラムのJames Shi(同右端)を加えた5人組であらたにNo Vacationを名乗って再スタートを切ったそうです。

今回のリリースはそんなバンドのリニューアルを飾る第一弾シングルでありバンド自身もこの曲について「"一時解散していた"事実に対するオマージュを捧げるような曲であり、バンドでの活動を止めていた時期に作った曲です。かすかにノスタルジーの色がありつつも、未来への希望に満ち溢れている曲になっています。」とコメントしています。

今年の6月にはこのシングル「Mind Fields」とおなじく、Top Shelfよりアルバムのリリースも予定されているとのことです。

Web上で聴けるバンドのその他の楽曲は以下をチェックしてみてください。

オフィシャルWebショップ
Facebook
twitter
soundcloud
bandcamp
tumblr
Instagram

この記事をシェア

関連記事