LAのシンガーMolly Burchが1st LP「Please Be Mine」よりMV「Try」を公開

2017/03/23

- sponsored link -

Please Be Mine [12 inch Analog]

Wild NothingやMac DeMarco、Boulevardsなどが所属するニューヨークの著名なインディー・レーベルCaptred Tracksより、女性シンガーソングライターMolly Burchの1stフルアルバム「Please Be Mine」のリリースがアナウンスされていました。それにあわせて、収録曲である「Try」のミュージックビデオも公開されています。

カントリー感もトロピカル感もあるトラディショナル・アメリカン・ポップス・マナーなトラックに、優しくも力強い女性ボーカルが重なってとても心地よい曲ですね。ビデオも全編を通してアナログな雰囲気があって素晴らしい。

アルバムからはほかに「Wrong For You」という楽曲も公開されています。こちらもトロピカル感のあるギターが素晴らしい曲になっています。

Summer Twinsあたりを思い出さずにはいられないですね。tweeポップファンも必見のミュージシャンだと言えるかもしれません。

-sponsored link-

アーティスト情報

Molly burch artwork

LA出身のシンガー・ソングライターであるMolly Burchは、地元ハリウッドにて作曲家兼音楽プロデューサーとして活動していた父と、ミュージカルなどのキャスティングを担当していた母を持ち、幼少期から舞台音楽、そしてPatsy Cline、Billie Holiday、Nina Simoneなどのジャズ・ヴォーカリストの音楽を聴いて育ったということです。物心ついたころから歌うことより作曲に関心を抱いていたというMollyは、自身の声に合うような音楽とは何かを学ぶため、ノース・カロライナ大学アッシュヴィル校にてジャズ・ヴォーカルを専攻していたそうです。

その後テキサスのオースティンに移り住み、本格的に音楽活動をスタートさせるとまもなく、多くのミュージシャンやレーベル・プロデューサーの目に留まり、昨年8月にはCaptured Tracksよりシングル「Downhearted」をリリース。そして今回のアルバムリリースと、順調に活動を発展していっているようです。

本国で2/17にリリースされた「Please Be Mine」は、現在日本では取り扱いレーベルが決まっていないようで、輸入盤のみ購入できるようです。多くの人に聴いてもらえるように、国内盤のリリースが決定することを願ってやみません。

関連リンク

オフィシャルサイト
facebook
Twitter
Instagram

Please Be Mine [12 inch Analog]
Molly Burch
Captured Tracks Rec. (2017-02-17)
売り上げランキング: 141,180
この記事をシェア

関連記事